スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本レビュー『ねずみくんのプレゼント』 最後の絵はとても意味深。

今回は『ねずみくんのプレゼント』です。
なかえよしを:作、上野紀子:絵、の絵本です。

絵の表現力に疑問を感じてしまう作品です。優しいタッチの絵で、色もきれいですが「大きさ」「小ささ」といった絵本で大切な要素がきちんと描ききれていないように思えます。大きいところはもっと大きく、小さいところはもっと小さく、メリハリがあったほうが面白いのかなあ、と感じます。

そもそも、登場キャラクターは、メインのねずみ、りす、うさぎ、ブタ、クマ、象など、それぞれの大きさの差をしっかりと表すことができる動物が選ばれている訳ですから、「大きいものと小さいものが並ぶと面白い」という基本的な要素がきちんと出ているべきです。ねずみと象が同時に描かれるとき、その差はたいした差として描かれません。でかいねずみ、あるいは小さい象として描かれてしまいます。これと同じで、動物以外の出てくる要素も、
その大きさが重要であるないような訳ですからきちんとわかるようにしておいてもらわないと、楽しみにくいと感じてしまいます。


ただし、最後のページの絵はよくできています。りす、うざぎ、ブタ、クマ、象の表情がとてもいいです。どう良いかというと「どういう気持ちの表情なのか読み取りにくい」からちょっと考えてしまう、という意味で良いのです。

話そのものはハッピーエンドですが、ねずみ以外の動物の表情次第では、この物語の持つ意味が変わってきます。そこに解釈の自由度をもたらしているという意味でこの最後の絵はとても良いです。

全体的には、絵がよくも悪くも特徴で、正直少しだけ残念かなーと思ってしまう絵本です。


読み聞かせ時間:3分
カタカナ:出てきます



【関連エントリー】
- シマオオ 絵本レビュー『どうぶつに ふくを きせては いけません』 説教臭いけど。
- シマオオ 「MOTHER1+2」が、どうしても面白くならない
- シマオオ Evernote最強説に待った!(iPhoneの場合)
generated by 関連エントリーリストジェネレータ

スポンサーサイト

絵本レビュー『どうぶつに ふくを きせては いけません』 説教臭いけど。

『どうぶつにふをきせてはいけません』というタイトルは説教臭いし、内容も実際のところ説教臭いのですが、1ページ1ページはなかなか魅力的で、好きな絵本です。

原書を読んではいませんが、翻訳のレベルはかなり高いことが想像できます。単語ひとつひとつの選び方が素敵です。(ただし、大人が読んだ時の面白さです。 子供には伝わりにくい部分があるかもしれません)一方で、日本語の言葉の選び方が良いだけに、逆に「説教臭さ」が気になってしまうのです。

この絵本が持つもともとのテーマに関わることですし、そもそも原題が"Animals Should Definitely Not Wear Clothing"なわけですから逆説的になってしまいますが、説教っぽいテーマが実にもったいないです。

このへんのところは本当に難しい問題です。僕自身のことで言うと、タイトルの説教臭さにひかれて手に取りました。もっと気の利いたタイトルだったら、残念ながら読む気にはならなかったでしょう。その意味では、少なくともこのタイトルは成功しています。しかし、内容にまでこの説教っぽさが入り込んでいることは反対に魅力を落としてしまいます。

タイトル通り「動物に服を着せてはいけない」というそれほど強くはないにせよ、主張がこめられている作品で、その主張はこの絵本のクセに近いものですがクセは納豆とかセロリとかのにおいみたいに好かれる部分にも嫌われる部分にもなってしまいます。本当に難しいところです。

しかしそこさえ気にならなければ本当に面白い絵本です。絵も魅力的で言葉も魅力的で、かなりおすすめです。

<参考情報>
読み聞かせ時間:1分(ゆっくり読んで4~5分)
カタカナ:出てきます。



<関連エントリー>
絵本レビュー『ぐぎがさんとふへほさん』

テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

絵本レビュー『ぐぎがさんとふへほさん』

「かきくけこ」という音と、「まみむめも」という音を比べると「かきくけこ」の方は硬質なプラスチックに近い感じがして、「まみむめも」の方は角の取れた丸くてグニャグニャしたもののような印象を僕は受けます。『ぐぎがさんとふへほさん』は、そういう音や語句の質感を楽しめる絵本です。

中で使われる言葉はとても魅力的です。作品内に出てくる有名な童謡のパロディは無理にテクニックに走ったようなものではなく、シンプルで気持ちがいいです。自分でも声に出して歌ってみたところ、まあ、大人が声を上げて笑えるようなものではありませんが、しかしなかなか愉快です。

童謡のパロディは、物語の盛り上がりの一つなのですがテイストとしては、ちょっとした遊びに近いものです。でも、この絵本の魅力はそういった小さな遊びで、歌のパロディ以外にも、3人目のキャラクター「ネコ」に関するごく小さな小ネタがうまく効いています。

こういう、言葉とか音の面白さを伝えられる絵本はいいですね。

<参考情報>
読み聞かせ時間:3分程度(ゆっくり読んだら10分)
カタカナ:出てきます。



【関連エントリー】
- シマオオ 絵本レビュー『どうぶつに ふくを きせては いけません』 説教臭いけど。
- シマオオ 「MOTHER1+2」が、どうしても面白くならない
- シマオオ Evernote最強説に待った!(iPhoneの場合)
generated by 関連エントリーリストジェネレータ


テーマ : 絵本
ジャンル : 本・雑誌

スポンサードリンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アドパートナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。