スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイで一番重要なのは文字入力インターフェイスだと思います。

ケータイで一番重要な装置は、文字入力装置の使いやすさだと思っております。私がiPhoneを気に入っていて、初めて1年以上も飽きずに使い続けられているのは、iPhoneの文字入力インターフェイスがとても優れているからです。(ただし、フリック入力時の日本語入力に限ります)

なぜ文字入力インターフェイスを重要視するかといいますと、その理由はとても簡単です。しゃべるより文字を打つ時間のほうが長いからです。これはきっと私だけじゃありませんよね。最近ではソフトバンクが時間限定とはいえ無料通話のサービスをやっていますし、ウィルコムもかねてよりウィルコム同士で通話無料ですから、それなりに電話ユーザーもいることでしょうが、それでもやはりメールがメインのユーザーが多いのではないかというのが私の肌感覚です。

ケータイを使う上でのメインがメールになったのは最近のことではなくて、少なくとも私は結構前からメールメインでした。みなさんの中にも、ずっと前からメールメインという方も少なくないと思います。それなのに、私には少し不思議なことがありまして、それは案外文字入力インターフェイスを重視せずにケータイを購入する人が多い、ということです。

たとえば、数年前にmedia skinというケータイがそこそこ流行りました。
au_media_skin.jpg
私の周りにも数人media skinを使っている人がいたのですが、私にはなぜこの機種を選ぶのか不思議でなりませんでした。いかにも文字が打ちにくくて、私だったら頭痛するほどいらいらして、とてもケチな私がすぐに買い換えてしまうだろうことが想像できたからです。私は素直にmedia skinユーザーに質問してみました。
「使いにくくないの?」
すると必ずこう返ってくるのです。
「ほんと使いにくいよこれ。まあ、見た目重視だからね」
この答えを複数の人から聞きました。そのたびに「なるほどなー」という思いがちょびっとと、「私には無理だ」という大きな思いを感じ、いろんな人がいるもんだと感じ入りました。道具って使いやすくてナンボでしょう、というのが万人の考え方ではないんですよね。見た目がよければ、多少使いづらくたって僕は使うんだっ!という人も当然いるわけです。

でも、です。不思議なのはその後で、私の周りにいたmedia skinユーザーは、ちょっとするとすぐにmedia skinを手放してしまっていました。てっきり私は、見た目に飽きたのかと思ってたずねると、答えは驚いたことに
「いやー、使いにくくって」
が大半でした。さすがにそういうときに「使う前から分かってることだろw」とは言えないので、そうなんだねー、とごまかしましたが心の中ではびっくりぎょうてんでした。まさかそんな理由で手放すとは思いもよらなかったので。


こういう話に共感してくれる人は、実は意外と少ないです。Web上ではいくらでもこんな意見はありますが、現実にはケータイで文字を打ちやすいかどうかなんて、誰も気にしていなかったりします。でも、私にとってはケータイの文字入力が鬱陶しいことはとても強いストレスになってしまうので、その意味でiPhoneを手放すわけにはいかないのです。
スポンサーサイト

iPhoneでフリック入力できるようになる簡単な方法

僕はフリック入力のためにiPhoneを買ったのです。
僕がauのinfobar2からキャリアを乗り換えてまでiPhoneを持った理由のひとつが、フリック入力の便利さです。家電量販店で試しに触ってみて、すぐさま「これしかないわ」と思いました。

ところが、iPhoneの大きな魅力のひとつであるフリック入力を、まだやっていないというiPhoneユーザーが多くいるようです。フリック入力をしない理由は、どうやら覚えにくいしめんどくさいからということみたいですね。

もったいないからフリック入力やろう。
しかしそれはとてももったいないです。少なくとも、ちょっとでも「『ここ』って打つの、何度も2を押すのめんどくせーな」と思ったことがある方は、取り入れたほうが確実によいです。少しだけ幸せになれるし、その少しの幸せが積み重なると案外でかいです。

さて、どうやって身に着けるかですが。一番簡単なのは、イメージトレーニングだと思います。もちろんそんな大げさなものではありません。風呂に入ったときに、頭の中で「こんにちは」などとフリック入力をやっているつもりになって打ってみるのです。これだけです。それ以上の作業はしなくても、きっと3日もあればフリック入力がなんとなくでき始めるはずです。

この程度の速さまでは、たぶんすぐにいけると思います。


これ以上になると、ちょっとたいへんかもしれません。そこまで早く打つ必要はないですし。

RunkeeperProで、ウォーキングしてみた。

「結論⇒結局RunKeeper Proでいいのではないか?」というエントリーを書いてから2ヶ月近くが経過した昨日、ようやくRunkeeperProを購入しました。1,200円です。安くはないですね。僕がこれまでに購入したアプリの中では一番高いアプリです。
もともとは軽いジョギングをしようと思っていたのですが、しんどいのでウォーキングに切り替えました。だいたい4キロのウォーキングです。以下、使ってみた感想をキャプチャと一緒に残しておきます。

まずは立ち上げ画面です。Lite版と同じですね。
runtop

まずは、どんなトレーニングをするかを設定します。いくつか項目があるなかで、今回はウォーキングを選びます。
activitytipe
ダウンヒルスキーとか、かなり変わった項目もありますね。ちょっと試してみるわけには行かないのが残念です。

さて、ここまで設定が終わったらいよいよトレーニング開始です。
newactivity

が、ここでひとつ注意点。画面は自宅でキャプチャしたのでWiFiになっていますが、3G回線で接続しないとワークアウトを開始することはできないようです。GPSとの兼ね合いですかね。(WiFiなので、Start activityボタンが非アクティブ状態になっています。)家がWiFi環境の人は、外にでてから設定すると良いです。

なんにしても設定はとても簡単です。すべて英語ですが、難しくてわからないということはあんまりないレベルだと思います。

ここまで設定できたら、あとは歩き始めるだけです。

スタートしてからもとても快調でした。デフォルトの設定のままにしていたのですが、イヤホンから5分毎に「5分経過したよ」ということと、「毎分これくらいのペースですよ」と、英語で教えてくれます。聞き取りやすいのでここも問題なしです。

ちなみに、Runkeeper上で音楽のプレイリストを選択できます。iPodアプリで音楽をかけながらRunkeeperを立ち上げて、みたいなややこしいことをする必要はありません。これもプラスポイントです。

今回は4キロくらいのウォーキングになりました。途中で雨が降り始めたので終盤はちょっとだけ走りましたが、気持ちよく運動できました。トレーニングが終わると、こんな画面が見られます。

pace

split

ちなみに、本当は自分が走った場所を線で表示してくれるマップが見られるます。これはかなり面白いですよ。毎日のトレーニングコースを変えても楽しめると思います。


全体としてとてもよくできたアプリだと思います。評判が良いだけあります。ちょっと良くないところといえば、iPhoneを持っていなければならないということでしょうか。こればかりはなんともしようがありませんが。。


<関連エントリー>
結論⇒結局「RunKeeper Pro」でいいのではないか?
スポンサードリンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アドパートナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。