スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sonyから「Dash」という端末が発売される様子

無線LAN対応端末があちこちから出てきそうな気配です。

Appleがタブレット端末を出す、という噂はずいぶん前からありますね。
そしてその噂の色合いがずんずん濃くなってきております。
「iSlate」という名前なのではないかといわれており、
10万円くらいするらしい、という話もあります。本当かどうか分かりません。

一方、Sonyもそういった端末を出すそうです。
こちらは正式に発表されました(リンク先画像有)
「Dash」というそうです。

売れていないお笑い芸人のコンビ名はたいてい「売れなさそうな名前だなあ」と感じます。
「Dash」はそれと同じ香りを発しています。
でも「オードリー」も当初は売れなさそうな名前に思えました。今では違和感ありません。
「Dash」が定着しないとも限りませんものね。いずれ違和感が消えるのかもしれません。


「Dash」は実態が良く分かりません。

Appleの端末はなんとなくどんなものか想像できるのですが
Sonyの端末「Dash」はなんだかよくわかりません。

写真を見ると目覚まし時計みたいにも見えます。
(その機能も事実あるみたいですね。「7:00am:Wake up」と表記があります)
7インチということなので、文庫本くらいのサイズでしょうか。
iPhoneよりはずいぶん大きいです。

「無線LAN接続機能を内蔵しており、時計やカレンダー・天気予報といった情報を表示するダッシュボードとして機能します。」

別にこれでWebブラウジングしよう!ということではなくて、ウィジェットみたいなのを
これに表示させておくということですね。
そうするとやはりでかくて情報いっぱいの目覚まし時計によりいっそう見えてきます。


Chumby OSにそそられる人がいらっしゃる様子。

「Chumby OS」を僕は知りませんでしたが、これに惹かれる人が多いみたいです。
どうやら知識がある人は自由にいじれる、というところが受けているようです。
独自のアプリを作って搭載できる、ということなんでしょうね。
そうなるとiPhoneやらiPod touchやらとは全く異なる端末になってきます。
カスタマイズして遊ぼう!というオモチャだと考えたほうがよさそうです。

どの程度売れると見込んでいるんでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アドパートナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。