スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音楽を楽しむため」にYoutubeは使われてるけど、さてそこで金は落ちるのかい?

音楽を楽しむために使うサービス1位はYouTube テレビ上回るという記事。これは、ほんとよくない話ですよね。

日本レコード協会が2月25日に発表した「2009年度 音楽メディアユーザー実態調査」によると、過去半年間に音楽を楽しむために利用したサービスの1位はYouTubeで、テレビを上回った。

確かに、でもまあ、知らない音楽を聴こうと思ったら、iTunesで視聴するより、テレビで流れるのを待つより、まずyoutubeを検索してみるのが早いです。便利です。でも、全くここでお金は落ちない。
「気に入った局があれば買ってくれるかもしれない!」という淡い期待を持ちつつも、例えば僕がそうなのですが、iTunesで買ったりせず、タワーレコードにも行かず、さらにはTSUTAYAにすら行かず、まず図書館の所蔵を検索するのです。そして、結構な割合で引っかかってくるので、PCから予約をして、50人の先行予約者が順番に借りていくのを気長に待つという、まったく経済に役に立たない活動をしております。

ちなみに、パフュームのアルバムなんて、300人待ちみたいな状況になっています。ひとり1週間で返したとしても6年くらいかかります。・・・買っちゃいなよ!と心で叫ぶ僕は、あと100人くらいでトライアングルを借りられるのですよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アドパートナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。