スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneでフリック入力できるようになる簡単な方法

僕はフリック入力のためにiPhoneを買ったのです。
僕がauのinfobar2からキャリアを乗り換えてまでiPhoneを持った理由のひとつが、フリック入力の便利さです。家電量販店で試しに触ってみて、すぐさま「これしかないわ」と思いました。

ところが、iPhoneの大きな魅力のひとつであるフリック入力を、まだやっていないというiPhoneユーザーが多くいるようです。フリック入力をしない理由は、どうやら覚えにくいしめんどくさいからということみたいですね。

もったいないからフリック入力やろう。
しかしそれはとてももったいないです。少なくとも、ちょっとでも「『ここ』って打つの、何度も2を押すのめんどくせーな」と思ったことがある方は、取り入れたほうが確実によいです。少しだけ幸せになれるし、その少しの幸せが積み重なると案外でかいです。

さて、どうやって身に着けるかですが。一番簡単なのは、イメージトレーニングだと思います。もちろんそんな大げさなものではありません。風呂に入ったときに、頭の中で「こんにちは」などとフリック入力をやっているつもりになって打ってみるのです。これだけです。それ以上の作業はしなくても、きっと3日もあればフリック入力がなんとなくでき始めるはずです。

この程度の速さまでは、たぶんすぐにいけると思います。


これ以上になると、ちょっとたいへんかもしれません。そこまで早く打つ必要はないですし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アドパートナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。