スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始の新幹線チケット予約で失敗しない方法(自戒を込めて)

毎年恒例、里帰り

夫婦揃って実家が中国地方なので、毎年新幹線か飛行機で年末になると里帰りをします。お盆は飛行機を使ったので、年末は新幹線にしようということで、先日予約を済ませました。なんとか取れましたが、これが結構たいへんだった。

JR東海「えきねっと」から、乗車1ヶ月前までなら事前予約できる


JR東海では、乗車1ヶ月前までなら「えきねっと」から事前予約が可能です。ところがこの事前予約というのがなかなか厄介です。厄介な理由の一つが席の並びパターンの選択。事前予約の際には、次の3つの席並びパターンから選び必要があります。

A 2人席
B どの席でもかまわない(ただし隣同士)
C どこでもいいし、席が離れてもかまわない

私たちは夫婦2人だけなので、できれば2人席がよいです。さらによき夫であろうとする私ので仮に3人席になった場合、窓側(または通路側)は嫁に明け渡して真ん中を私が陣取ることに自然となります。しかしそれは私にとって非常につらい。なぜならたいてい隣に来るのはおじさんで、そしておじさんは高い確率で太っている。私もまだ30前なのに、太っている。太っている二人が隣同士になると座席がとても狭く感じられ、おじさんも私も互いにいやな思いをします。隣に来るおじさんのためにも、是非2人席が好ましいのです。

しかし二人で乗る人たちは、たいてい同じことを考えていて、みんな2人席を希望するので、結果としてその倍率はとても高くなります。

昨年はというと

昨年新幹線で年末に里帰りしたときは、「新型車両の2人席」で予約しました。まさか落選するほど申し込みはこないだろうと甘く見ていたら、あっさり落選。あせって予約をしなおし、なんとか取れたのが喫煙席で3人席。タバコをすわない私はひどい目にあいました。そこで今年はどうしようかと考えたのですが、どうしても3つの並びパターンから選択させられることに不満を覚えます。

4時間の乗車で、席がばらばらでは退屈なので、まずCの「どこでもいいし、席が離れてもかまわない」は選択肢から外れます。残るのはA「2人席」かB「どの席でもかまわない(ただし隣同士)」ということになります。でも私が本当に求めているのはこの中からどちらか一つを選ぶのではなくて、「できれば2人席がいいですが、だめなら3人席も受け入れます」という選択肢なのです。しかしそれは提示されません。「2人席がいいとおっしゃったのはお客様です。取れなかったらあきらめてくださいね><」がJRの回答です。

それを受けて今年は

私たちは悩んだ挙句「新型ではない車両の2人席」を希望して事前予約を行いました。さすがに大丈夫だろうと。で、結果はまたもさっくり落選。昨年の経験がほとんど生かされず、2年連続で落選⇒あせって取り直しとなりました。今年はたまたま別の時間で2人席が空いていたのでうまく予約することができましたが、またも危ないところでした。

結局どうすればよいのか

まず言えることは、事前予約をしてもおいしい時間帯のおいしい車両のおいしい席は取れない可能性がたかい!ということ。だから、「どうしてもこの日に乗らなくちゃだめなんだ!でも2人席がいい!」という場合は、おいしい席だけど、いまいちな時間帯のいまいちな車両、を選ぶのがよいです。(それでもダメな可能性はありますが、それでもだいぶんマシなはず)

もうひとついえるのは、必ず事前予約を利用する、ということです。事前予約をしてもいい席が取れるとは限りませんが、事前予約なしではもっと難しくなります。特に今年みたいに1月3日が正月休み最終日という人が多い場合、予約がこの日に集中します。事前予約なしで良い席を取ることは難しいです。

事前予約にはもう一ついいことがあって、それは「予約のし忘れ」を防げるということ。毎年のことなのに毎年「予約をし忘れた!」というおっちょこちょいが必ずいます。(私も基本的にはその口です。)でも、事前予約が頭に入っていれば「やべっ予約してない!あっ、もう全部満席!」という悲惨な事態は防げますから。

それにしても中国地方は遠い

関係ありませんが、東京から中国地方は遠いです。そもそも中国地方という地名は「関西地方と九州地方の中間ら辺にある地域」という意味らしいので、便が悪いのは当然ですが、しかし不便だ。4時間はつらい。いやだ。


※2010年末の結果はこちら
【祝・3年連続失敗!】年末年始の新幹線チケットの予約方法
http://shimaoo.blog15.fc2.com/blog-entry-77.html

忘年会シーズン お酒が飲めない人のためのやり過ごしテクニック vol.1

忘年会シーズンですね

忘年会シーズン突入間近です。国民の半数程度がお酒を飲めないくせに、なぜかことあるごとにお酒を酌み交わして祝ったりなんだりする不思議な国、それが日本です。その日本で私は、完全なる下戸の父と多少は飲める母との間に生まれたのです。結果、私は下戸ですので、この暴飲暴食をみんなで行う季節がそんなに得意ではありません。(暴食は好きでした。すみません)

最近ではずいぶん減っているようですが、飲めない人に無理にお酒をすすめる輩がまだいるようで、どうやって断ればよいのか、あるいは断っちゃだめなのかしらと悩んでいる方もいらっしゃる様子。そこで、完全下戸の父から教わったごくシンプルなテクニックをお教えします。

水割りを頼むこと

それは、ウイスキーの水割りを頼むこと。

これを父から聞いた時は、なんで飲めないのに強い酒を頼まなけりゃならんのだ、いよいようちの親父もぼ、、なんて思いましたが、よくよく考えてみると筋の通ったテクニックなのです。

「飲めよ」と言われるのはどういう時かというと、その人がお酒を飲んでいない時です。飲める人なら、そこで「おうよ!」とお酒を飲むことを選べばよいのだから簡単です。しかし下戸である私たちは飲めない。そこで、考えられる選択は二つ。一つは、無理して飲むことです。でもこれは嫌ですね。飲めないんですから。正しい選択は残る一方。それは、飲んでいる振りをすることです。

でも、ビールやチューハイを飲んでいる振りは難しいです。なぜなら、お酌というやっかいな文化があるからです。飲めない人間にとってはほんとうにお酌というやつは嫌な野郎で、せっかくこっちが頑張って半分まで開けたグラスを、わざわざ一杯に満たしてくれるのですからたまりません。だからといってビールを飲まずに放っておくと、泡もすっかり消えて、「あれさっきから減ってないんじゃない?」なんて気づかれてしまいます。

ここでウイスキーの水割りの登場です。水割りであれば、ぐいぐい飲む必要はありません。万が一、勢い余ってぐいぐい半分くらいまで飲んでしまっても、お酌されることはありません。つまり、アルコール摂取のペースを自分でコントロールできる訳です。これなら安心ですね。

この方法がさらによいのは、「薄めを注文する」というオプションテクニックがある点です。ここまですれば、なんとかしばらくは乗り切れるはずです。

楽しくやりましょうよ

しかしまあ、最近では無理やり飲ませる人が減って来ているし、飲めと言われても「結構です」と普通に断っても許される雰囲気もあります。飲むべきか飲まざるべきか、なんてあんまり意味のない悩みで苦しむ必要は減って来ているんですけどね。といっても、それでもまだときどきはあることですから、飲めない方もそれなりに妥協しつつ、飲める人もなかよく楽しく年末を過ごしましょう!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

スポンサードリンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アドパートナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。